2016年蔵直(R)ヌーヴォーラインナップ
今はもう幻と言える樹齢113年の古木も植わるグランクラ(特級畑)のブドウをたっぷりと使用してくれたから、深みのある色、重厚感のある味わい。「カシス」のような黒々とした果実を思わせる本格派赤ワイン。ブルゴーニュの村名ワインレベルの本格派赤ワインがヌーヴォーなんて・・・もうこれは奇跡のヌーヴォー。(10月11日 訪問)
10年のお付き合いになるシャテルス。金賞ハンターのヌーヴォーなのに、10年間毎年、毎年訪問し、アッサンブラージュ(調合)を行なってきた同志とも言えるシャテルス。納得しなければ笑わない「頑固親父」がずっと笑っている・・・夏前半には不安定だった気候も後半には好転し、収穫を待ったからこそ、こんなにも完熟した味わいに。ボジョレー・ヴィラージュ・ヌーヴォーは、職人のシャテルスが10年間ヴィノスやまざきと共に努力した最高の完成系。濃く、たっぷりの果実味、樽の高級感。飲みながら感動で笑みと涙が止まらなかった・・・。
(10月10日 訪問)
自然農法の畑で造られた完熟したブドウを2度の選果を行ない造ったヌーヴォーは、雑味もなくリッチでゴージャスな味わい。たぶんこの蔵の過去最高のヌーヴォー。自然派ヌーヴォーは不味い・・・?というイメージを覆す、とにかく「美味しい」 自然派が、2016年のナチュールのヌーヴォー。 すでにジョルジュブラン(3つ星レストラン)等からも注文が来ている、レストランのためのオーダーメイドヌーヴォー。 (10月11日訪問)

白ヌーヴォー

たっぷりの果実味にキリリとしまった酸味、完熟したソーヴィニヨンブランに果実味たっぷりのシャルドネをブレンドしたから、もうトロトロで高級感たっぷり・・・本当に美味しい白のヌーヴォーです。

赤ヌーヴォー

いちごドロップのような甘い香り、そして今年の特徴は色の濃さ。今年の南仏は乾燥した日が続き濃縮感たっぷり。早期に完熟するメルローにシラーを加えたコクあり赤のヌーヴォーです。
「過去最高の出来かもしれない・・・」マダムの言葉どおり、とにかく濃い!口に含むと濃縮した果実味と力強さをぐんぐん感じる。まるで高級ボルドーワイン?とテイスターの1人が口にしたが、誰もがうなずいた。元シャトーMロートシルト醸造家が指導するから出来たボルドースタイルヌーヴォーです。
大人気甘口赤ワイン「ソレイユ」から、フレッシュな赤の甘口ヌーヴォーをお届け!低アルコール(6%)で絞りたてのぶどうジュースのような飲みやすい味わいは、この時期しか飲めません!