1. トップページ
  2. >
  3. 静岡が世界に誇る銘酒 磯自慢とフレンチを楽しむランチ会開催!

2008年の洞爺湖サミットに続き、昨年の伊勢志摩サミットでも各国要人に振舞われ、日本を代表する銘酒として世界的にその名を知られる「磯自慢」。ヴィノスやまざきと磯自慢酒造は、長年のパートナーとして、静岡地酒の普及に取り組んできました。

今や入手困難な地酒として知られる「磯自慢」。その新しい楽しみ方として、南青山のネオビストロ「アンドエクレ」にて、フレンチのランチコースとのマリアージュを楽しむランチ会を開催いたします。

アンドエクレのシェフ、オリヴィエ・ロドリゲス氏は、磯自慢酒造の寺岡氏の旧知の友人であり、マンダリンオリエンタルのメインダイニングでシェフをつとめ、7年間ミシュラン一つ星を獲得してきたミシュランシェフ。この時期に限定リリースされる「純米大吟醸スプリングブリーズ42」をはじめ、磯自慢が丹精込めて造り上げた銘酒のひとつひとつに、特別な一皿一皿をご用意していただきます。

ぜひこの機会に、お誘いあわせの上、ご参加いただきますようご案内申し上げます。

日 時:

3月25日(土)12:00~14:00

会 場:

アンドエクレ

定 員:

30名

会 費:

一般 12,000円/ヴィノスやまざき会員 10,000円

注  意:こちらのイベントへのご参加は、お申込み受付後の抽選となります。
             抽選の結果は、Eチケットの配信をもってかえさえていただきます。
             Eチケットは、3月11日(土)頃から順次ご連絡させていただきます。

磯自慢は、駿河湾に面した静岡県焼津市に拠点を置く、天保元年(1830年)に創業した老舗蔵元で、静岡で早くから吟醸造りに取り組んできた、静岡吟醸の先駆け。寺岡社長は、日本を代表する人気銘酒のひとつ「磯自慢」の八代目当主。「磯自慢」を世界にその名を知られるブランドに育て上げただけでなく、静岡の地酒の普及にも取り組んできました。

ランチ会お申し込みはコチラ

▲PageTop