山崎巽商店

1913年、静岡県静岡市常磐町に、ちいさな酒屋「やまざき酒店」が開かれました。
大八車をひきながら、ご近所へ味噌や醤油、酒を売り、一人の店主が店を切り盛りしていました。
2代目の山崎巽は父の後を継ぎ、「静岡のうまい酒を全国の人に飲んでもらいたい」という想いから、県内の蔵元を訪れました。
日本酒の銘醸地と呼ばれていた他県と比べ、当時静岡は無名の産地でしたが、その質や味わいは日本が誇る逸品ばかり。
蔵元と二人三脚で、巽は全国へその味を広めていきました。
磯自慢、初亀、開運、臥龍梅、正雪…今でこそ全国的に有名となった静岡の地酒の蔵元たちと、山崎巽との歩みを、山崎巽商店は様々な形で紡いでゆきます。

蔵のあまざけ

~地酒の専門店がお届けする「酒粕」のあまざけ~
お米・水・酵母を発酵させ、お酒のもととなるのが「もろみ」。
それを絞ることで「清酒」と「酒粕」が生まれます。
粕漬やわさび漬など、地元銘品にも使用されるこの酒粕。
やまざき酒店では、静岡県内の銘蔵元からこの酒粕を譲っていただき、店先で販売していました。
やまざき酒店創業から100年余、この貴重な酒粕を全国のお客様に楽しんで頂きたいと、こだわりの原料をともに「あまざけ」を生み出しました。静岡県内を代表する蔵元の、「純米大吟醸」の酒粕を使用。
加える甘味は、きび糖とカロリーゼロの希少糖を使用しているため、健康に気をつかわれている方や、食事と共に楽しみたい方にもおすすめです。

蔵の「酒」紹介

正雪-SHOUSETSU- 東海道五十三次1の宿場町として広く知られる由比。桜えびの名産地としても有名です。急峻な山から一気に下りてくる、神沢川の軟水からは、軽やかできれいなお酒が生まれます。正雪という名は、江戸の兵方家・由井正雪にちなんで名づけられました、「飲み飽きせず、盃がすすむ酒」を目標に造られた、うまみと爽やかな香りが調和したお酒です。
静岡県旧清水市にて、江戸時代に創業した歴史ある蔵元。鮎釣りの名所でもある興津川の伏流水を仕込み水に用い、力強い味わいと豊かな香りがインパクトを放つお酒です。
平成24年の全国新酒品評会では金賞を受賞。地元の人のみならず、全国の日本酒好きの人々から愛されています。
臥龍梅-GARYUBAI-
開運-KAIUN- 数多くの品評会で入賞し、全国的にも知名度の高い開運。
日本酒を造る代表的な杜氏集団「能登杜氏」の四天王の一人「杜氏波瀬正吉」が醸造を務めたことでも有名です。
「キレ・コク・香り」の三拍子が揃った、静岡を代表する銘酒の一つ。縁起の良い招福熊手が描かれた「開運祝酒」でも知られています。

甘酒の楽しみ方

まずは冷やしてそのまま

酒粕を使用しているので、お食事中にも楽しめます。
日本酒が好きな方にも、お酒が苦手な方にもおすすめです。

温めて体もポカポカ

レンジやお鍋で、60℃程度に温めお召し上がりください。
体も芯から温まります。

スパークリングで乾杯に

強めの炭酸水で割ってカクテル風に。
おすすめは1(酒のあまざけ):1(炭酸ガス)の割合。

商品ラインナップ


page top